かなりすごいブログ

風邪で喉が終了したのでVimで会話していた

Vim Advent Calendar 2013、185日目の記事になります。

風邪

風邪でめっちゃ熱あるし咳で喉がやばいみたいな感じになっていたら知人の美少女エンジニアが心配してご飯作りに来てくれたんですが、喉が完全に終了していてしまっており会話ができないのでこれはどうするかと考えた結果ずっと拙Shaberu.vimで会話していました。

風邪

ただ連続して:ShaberuSayって打つのだるいなみたいになって、熱で朦朧としながら新しく:ShaberuSayInteractiveおよび:ShaberuSayRecursiveというコマンドを実装しました。

風邪

:ShaberuSayInteractiveは、対話的にスピーチするテキストを入力するコマンドです。

:ShaberuSayRecursiveは、キャンセル(ESCを打鍵など)されるまで:ShaberuSayInteractiveを再帰的に延々と呼び出すコマンドです。これにより連続してスムーズにVimに喋らせ続けることができるようになりました。

まとめ

久しぶりに風邪で38度超えたし、咳で喉が完全に終了して呼吸するだけで咳がでるみたいな感じになってかなりつらかった。

これを書いている今現在も微熱あるし喉は終了しています。

おわり

おわり