かなりすごいブログ

MacでMetaTrader4を使う為の超簡単な方法

WindowsでできてOS Xだと出来ないことといえば、まず第一にゲームなんですが、FXや株のトレードもまともにできないですよね。 ブラウザベースのトレードツール使えばできなくはないですけど、そこはやっぱりネイティブクライアント使いたいです。 特に取引というより検証の手段として、MT4やdealbookは使いたい。 そこでいろんな方法でMacにMetaTrader4をインストールしてみた結果一番簡単だった方法を書いておきます。 環境はSnow Leopardです。

Mikuinstallerをインストール

Mikuinstallerをダウンロードし、インストール。 これはなにかっていうと、wineの設定弄ったりGUI被せたりしたやつです(適当) で、インストールすると ~/Library/Application Support/Mikuinstaller/prefix/default/drivec/ が仮想的なCドライブとして対応します。 MetaTraderを動かすには幾つか足りないdllとかあるので入れます。 * mfc42.dll * msvcp60.dll * wingding.ttf をどこからともなく入手し、dllは drive\c/windows/system32 に、フォント(ttf)は drive_c/windows/Fonts に入れる。

XCode入れておく XQuartzってのが必要なんですが、最新版のXCode入れれば入ると思います(適当) App Storeからどうぞ。

MetaTrader4のインストール MetaTrader4のインストーラを

FXDDとかからダウンロードする インストーラーをMikuinstaller.appにドラッグ&ドロップするとインストールがはじまる。 で完了。

素のwineとかでやると文字化けするのでMikuinstallerさん使うのが簡単というお話しでした。 そのうちアンチエイリアスには対応させたい。 ちなみにMikuinstallerさんはアプリケーションバンドルを自動で作成してくれる=(appファイルとして起動用ショートカットが作れる)のですが、デフォルトの状態だと”Home Page.app”というなぞのショートカットしか作られずかなり悩みました。 これは、アプリケーションバンドルを作成する為に参照するスタートメニューがAll usersのものなので、個別のユーザーのスタートメニューにショートカットが作成されるMT4はスルーされるからでした。 なので、 ~/Library/Application Support/MikuInstaller/prefix/default/drive_c/windows/profiles/ユーザー名/Start Menu/Programs 内にあるショートカット群を ~/Library/Application Support/MikuInstaller/prefix/default/drive_c/windows/profiles/All Users/Start Menu/Programs に移すとちゃんとアプリケーションバンドル作ってくれる。 あとMT4用のデモ口座作るなら、上記FXDDが90日間有効と一番長いのでオススメです。